特集

【会社改革の仕事術 R4 vol.7】定例会での「気づき」で、変化対応!

毎週の定例会で、「気づき」は生まれているか?

定例会がちょっと惰性になってきた。今は「構造変革」という重要期なのに、会社をちゃんと転換しないとヤバい!少し前から、新たな工夫を始めている。

各部門との「経営会」のことで、毎週、各リーダーと少人数で話し合っている。全部で15部門。

どの会も①「現状KPI」の報告 ②「解決策の議論」の流れだが、問題は、①報告に時間を取られ②議論が不十分、となってしまうこと。これでは、僕もリーダー層も「気づき」が足りない!

気づきをどう生み出すか、参考になりそうなのは下の3点。(当然分っている、かもしれないが)
 1. 反芻呼び起こし  (原因仮説きっかけ)
 2. 覚悟の共有  (目標の再設定)
 3. 足元すっ飛ばし (抜本の長期対策)

深層の根本原因には、会の後、一人じっくり反芻で到達

  • 不調の根本追究には、原因のさらに下の原因を探れ、なぜを5回繰り返せ、といわれる。例えば、相次ぐ施策不発の根本は、僕も含めリーダーの決断力不足だったり、担当者の相性不全だったり、人・組織のことが多い。日頃察知しているならともかく、短い時間ではそこまで到達しがたい。

    根源に至るコツは、会で少なくとも「仮の原因を一旦出しておく」こと。すると会の後、それを拠り所に各人が(危機感があれば)脳内で反芻し、掘り下げてくれる。

ヒトの脳みそには、危機に対しパパッと対策をだす「すばやい回路」と、起きた理由をじっくり考える「反芻回路」があって、同時には動かないらしい。「気づき」には掘り下げの別時間が必要なのだ。僕の経験では仮説があった方が反芻は上手くいく。気づきを得たら整理して、翌週の会で切り出そう。定例会の意味はそこにある。

目標の仕切り直しで、優先順位の共有=覚悟の共有

二つ目は、「目標値の再設定」と、それに伴う優先順位、覚悟の共有。

現状が目標を大きく下回っているとき、一定期間頑張っても近づけないなら仕切り直しが必要だ。目標値を見直そう。乖離を放置=はなから達成する気がない、ということ。逃げるチームは結果を出せない。

目標を再設定するときは優先順位が肝心だ。何を犠牲にし、何処は譲らないか。これを話し合い共有することで、「チームに覚悟」が生まれる。

不思議なもので、目標がイケそうだったり覚悟ができると、発想が沸く。現実を良い方に変えていける。そんなチームを多数見てきた。ギリギリの値に再設定しよう。

あえて足元放置もあり。抜本的な長期課題に注力

三つ目。足元の工夫ではどうにもならない、という事は多い。軌道修正で起こせる変化は限られている。行き詰ったら、あえて「足元策をすっ飛ばす」のもありだ。

土砂降りでないなら足元は現場に任せ、リーダーは長期課題に注力する。視野が広がり、見えなかった気づきが現れる。抜本対策も取りやすい。プロデューサーには視野の広さが不可欠だ。

世の中はどんどん変わる。対応しないと生き残れない。月に数個は「気づき」を得て、図太くいこう!

フレンチ、日帰りスキー、隠れ家鮨屋

先月60才の節目を迎え、家族にフレンチで祝ってもらった。お祝いでも、予約は東さん、払いは僕でした。大学の友人などと集まる機会も相次ぎ、仕事、家族、遊びの話をじっくり聞いた。日頃若い皆さんと働いているため、僕には同年代の「おじさんと話したい!」というヘンな願望があり、満喫できた。

大学のスキー仲間とはサシで日帰りスキーへ。朝5時に起き、運転が往復6時間。スキーもたっぷり6時間。昔は長く話すとケンカになっていたのに、互いの成長を実感した。
 
高校の社長友とは麻布の隠れ家的鮨屋へ。若い大将がL字カウンタの中央に陣取り、お客13人の視線を浴び、舞いながら鮨を握る。ショーのようだ。IT系カップル達と1人で来たというスペイン女子。見知らぬ人と話が弾む。久しぶりにバブルの匂いを堪能した。

友人たちは皆、シリアスな問題を抱えつつ仕事と家族への責任を果たし、かつ、どん欲に人生を楽しんでいる。とても勇気づけられた。


  • 「神田明神」あや恋ファンミーティングにて

  • 誕生日の夜は、家族でお祝いディナー

  • 会社から、同年生まれのワインを頂きました。