働きやすい企業へ

働きやすい企業へ

社内の様子

■ボルテージの働き方改革

2017年、社員にとって働きやすい企業の実現を目指して、新しい制度を3つ導入いたしました。

テレワーク
条件を満たした全社員がノートPCで場所に縛られずに仕事をすることが可能。
勤務時間区分の自主選択
従来は10時~19時が固定の勤務時間だったが、新たに9時~18時、9時半~18時半を追加し、3パターンの勤務時間のいずれか一つを選べるようにしました。
リフレッシュ休暇
勤続年数5年と10年の正社員に、勤続年数に応じて、基本有給休暇に加えて別途休暇と金券を付与。長期休暇を取得してもらうことで、各社員の担当業務の「見える化」・「効率化」を進めています。

■シリコンバレースタイルを取り入れた新人事制度

 当社グループは、長期的視点で社員を教育しています。そして、社員とともに成長していく企業をめざすため、2017年に新人事制度を整備しました。

 1つ目は、役職と職階との分離の実施です。これまでは職階と役職が連動していましたが、職階と役職を分離させジョブタイトルを付けました。それによって、専門性を深めていく人と、管理職としてマネジメントを深めていく人など、様々なキャリアパスを描けるようにしました。

 2つ目は、全社員のジョブタイトルを決定し、役割の明確化を実施しました。各社員の専門領域を明確化することで、役割分担の中でより専門領域を深めやすくしました。これは米国子会社では当たり前に行っていた制度です。それを本社でも採用しました。

 3つ目は、社員の社内公募に関する制度です。勤続1年以上の全正社員を対象にして、社内で募集する他部署への異動希望者を募ります。そうして、人材の循環を促しています。

社員一人ひとりが作ってきた働きやすい職場環境

■提案しやすい環境づくり
社内の様子
 当社グループは、社員全員がいきいきと働ける職場環境づくりを目指しています。各社員がそれぞれのライフステージに応じて働けるよう、長期のキャリアプランが描けることを目指しております。

 そのためには、社員間のコミュニケーション・風通しを良くしてPDCAを回し、それぞれの担当業務に対して感じている課題への改善を繰り返していくことが大切だと考えています。現状の問題点を洗い出し、解決策や改善案を社員一人ひとりが主体的に動けるようにしています。

 また、社員の働きやすい企業を実現するために、社員と経営層とのコミュニケーションの場を設けています。

提案会・施策会
月1回担当業務の改善案をA4一枚にまとめます。そして、担当役員の前でプレゼンテーションを行う機会があります。毎回、良い発表や提案に投票し得票数の多い人には「矢印賞」という賞金付きの賞を与えています。
ラウンドテーブルリーダー・チーフクラスの社員が、社長と共にランチを取りながら、意見を交換する場。
■子育て世代社員の活躍を推進するために

子育て世代の全社員をバックアップする制度を整えています。

時間短縮勤務

契約社員を含む、全社員への時間短縮勤務を導入。2010年10月からは、時間短縮勤務の適用が認められる子どもの年齢が3歳から小学校低学年までと延長。(トライアル期間:2020年6月末迄)
子どもの看護休暇


子どもの看護休暇のうち、2日間を有給とする。
早期復帰支度金女性正社員が出産後、10か月未満で復帰した場合、月給×2か月の支援金を付与しています。さらに託児所費用の補助制度として、保育園などに子どもを預ける際に要する費用の一部(上限27,000円)を付与。(トライアル期間:2020年6月末迄)
チャイルドサポート休暇
契約社員を含む全社員に、入園式や授業参観など、子どもの行事に参加できるように3日間の有給休暇を別途付与。(トライアル期間:2020年6月末迄)
ママランチ会ママ社員対象に情報交換のためのランチ会を開催。(トライアル期間:2020年6月末迄)
病後児保育施設利用料補助全正社員が、子どもを病児・病後児保育施設に預けて出社した場合、1日2,500円を上限にして年間10日間まで会社が補助。(トライアル期間:2020年6月末迄)

■ワークライフバランスを推進するために
社内の様子

 当社グループは、社員の配偶者・子どもが職場訪問できる「ファミリーデー」を年に一度、開催しております。社員同士の相互理解と家族による職場への理解を深めるための企画です。子どものためにスタンプラリーなどお楽しみコンテンツを用意し、参加者同士の交流を深めています。

 また、「エンタメ早退制度」があります。顧客に対して提供するエンターテインメントの商品の品質を高めるために、美術館鑑賞、舞台演劇鑑賞、コンサートなど、エンターテインメントのためであれば、3か月に1度、17時以降の早期退出を認め、業務として扱っています。
 

人事関連実績データ

■女性キャリア促進のデータ
女性正社員比率2014年度2015年度2016年度2017年度目標
女性208人210人219人
全体363人363人364人
比率(女性/全体の人数)57%58%60%60%
女性管理職比率2014年度末2015年度末2016年度末2017年度末目標
女性12人14人21人
全体37人39人47人
比率(女性/全体の人数)
32%65%45%45%
新卒採用者に占める女性の割合2015年新卒2016年新卒2017年新卒2018年新卒目標
女性29人28人27人
全体49人43人41人
比率(女性/全体の人数)59%65%66%50%
新規管理職登用率2014年度2015年度2016年度
女性3人6人9人
全体7人9人16人
比率(女性/全体の人数)43%67%56%

■ワークライフバランス促進データ
正社員の前期実績
男性育児休業取得率
0%
年次有給休暇取得率72%
年次有給休暇平均取得日数
10日間
一月あたりの平均残業時間
21時間
一月あたりの残業時間が60時間を超える正社員の割合0%

■柔軟な勤務制度の活用目標

勤務時間区分の自主選択: 2017年度目標 正社員の25%